PR

窓際のトットちゃんの続編・文庫本情報をご紹介!

 『窓ぎわのトットちゃん』は黒柳徹子さんの自伝的エッセイであり、その続編が42年ぶりに出版されました。

 今回のブログ記事では、この続編『続 窓ぎわのトットちゃん』について詳しく紹介します。

 黒柳徹子さんの魅力や、続編に含まれる新たなエピソード、そして読者のレビューなどをお届けします。

 ぜひ、最後までご覧ください。

amazon audibleでは「絵本をじょうずに読んであげられるお母さんになりたい」という理由でNHK放送劇団を志望した、黒柳徹子さんご自身の朗読を無料で聴くことができます!

引用元 ethica公式サイト




今すぐ無料で聴く


黒柳徹子さんの魅力

 黒柳徹子さんは、日本のテレビ界を代表する人物であり、NHK専属女優やユニセフ親善大使としても知られています。

 彼女の柔軟な考え方や行動力は、多くの人々に影響を与えてきました。90歳を超えてもなお、彼女の魅力は衰えることなく、続編でもその魅力が存分に発揮されています。

【黒柳徹子さんからのメッセージ】

引用元 NHK

私は、どう考えても『窓ぎわのトットちゃん』よりおもしろいことは書けない、と思っていました。私の人生でトモエ学園時代ほど、毎日が楽しいことはなかったから。だけど、私のようなものの「それから」を知りたいと思ってくださる方が多いのなら、書いてみようかなと、だんだん思うようになったのです。よし!と思うまで、なんと42年もかかってしまったけど、書きはじめると、笑っちゃうこと、泣いちゃうこと、それから戦争のことも次々に思い出されて……。

引用元 amazon

『窓際のトットちゃん』続編の詳細

出版日と価格

引用元 amazon

 『続 窓ぎわのトットちゃん』は、2023年10月3日に講談社から刊行されました。

 価格は紙の単行本が1,605円で、電子書籍(kindle版)も1,605円で販売されています。

 お好みの形式で、ぜひ手に取ってみてください。

装画と装幀

 続編の装画は、いわさきちひろさんが手掛けています。彼女の温かみのあるイラストが、黒柳徹子さんの物語にぴったりと合っています。

『続 窓ぎわのトットちゃん』の内容

 この続編では、トットちゃんの戦後の生活が中心に描かれています。

 戦時中の青森への疎開、東京の女学校での生活、音楽学校での学び、NHK専属女優としてのキャリア、そしてユニセフ親善大使としての活動など、多岐にわたるエピソードが盛り込まれています。

 特に、戦争体験や戦後の復興に関する話が感動的で、涙なしには読めません。

 その他には、疎開先での友達との交流や、戦後に女学校での生活を通じて、トットちゃんの成長が描かれています。

読者レビュー

 読者からのレビューも非常に高評価です。多くの読者が、黒柳徹子さんの前向きな姿勢や、母親との絆に感動しています。また、戦争体験やその後のキャリアについても、非常に興味深いと感じています。

  • 徹子さんがこの本を出したのは、「戦争は絶対にいけない」ということを世の中に強く強く訴えたかったからなのだ、ということが
    この本を読んで強く心に伝わって来ました。

  • 戦争で大変苦労されたところと、お母様の頑張り、女学生時代とNHKに入ってから、様々なエピソードが盛沢山すぎて溺れそうでしたが、ワクワクして楽しくあっという間に読めました。
    そして今の黒柳さんは何も変わってない、前からトットちゃんであり、これからもトットちゃんなんだなということがわかって読んでよかったという気持ちになりました。

  • パパは出征し、戦後もしばらくシベリア抑留で一家は離れ離れ。そして苦労の連続。あのおっとり優しそうなママが!!と驚くほど、続編ではママが男前に一家を支え勇敢に立ち回ります。このあたりの並々ならぬ苦労や知恵の連続には、同じ主婦として胸に迫るものが。今作はトットちゃんの可愛らしさや聡明さ、面白エピソードも相変わらずで女学校時代やNHK時代のエピソードも、ちゃんとあります。でも一冊読み通して心に残ったのは本当に凄いしママの聡明さと大胆さにビックリでした。今の世知辛い時代に生きる私も「頑張ろう」と自然に思えました。理屈ではなく生きていくパワーを貰えた一冊。

引用元 amazon

ユニセフ親善大使としての活動

引用元 ユニセフ

 黒柳徹子さんは、ユニセフ親善大使として世界中を飛び回り、子供たちのために尽力してきました。

 続編でも、彼女のユニセフ活動に関するエピソードが紹介されており、私は強い感銘を受けました。

 彼女の活動背景や、世界の子供たちへの思いがどのように反映されているのか、読みどころの一つです。

まとめ

 『続 窓ぎわのトットちゃん』は、黒柳徹子さんの豊かな人生経験を垣間見ることができる素晴らしい一冊です。戦争体験からユニセフ親善大使としての活動まで、多岐にわたるエピソードが詰まっています。

 戦争と平和、成長と冒険、そして彼女の柔軟な考え方に触れられる絶好の機会です。

 もしまだ読んでいない方は、ぜひこの機会に『続 窓ぎわのトットちゃん』を手に取って、新たなトットちゃんの物語を楽しんでください!

引用元 amazon

価格は紙の単行本が1,605円で、電子書籍(kindle版)も1,605円

過去の著作紹介


黒柳徹子さんの過去の著作も振り返りましょう。『窓ぎわのトットちゃん』をはじめ、多くの名作があります。ぜひ、これらの作品にも目を通してみてください。

『窓ぎわのトットちゃん』

 amazon audibleでは「絵本をじょうずに読んであげられるお母さんになりたい」という理由でNHK放送劇団を志望した、黒柳徹子さんご自身の朗読を無料で聴くことができます!




今すぐ無料で聴く



『トットちゃんとトットちゃん』
『トットちゃんとアメリカ』

-窓ぎわのトットちゃん