PR

成瀬は天下を取りにいくの名言を集めました!

 2024年本屋大賞を受賞した、宮島未奈(みやじまみな)さんの『成瀬は天下を取りにいく』もう読まれましたか?

 まだの方はぜひ手に取ってみてくださいね。この作品、心に響く名言がいくつも登場するんです。

 今回は、特に印象に残った名言をピックアップしてみました。時には「プッ」と吹き出してしまいそうな、そして元気をもらえる言葉が満載です!

成瀬は天下を取りにいくの名言

“成瀬は「島崎、わたしはシャボン玉を極めようと思うんだ」と言って出ていった。”
(中略)
“レポーターを務めるご当地芸人に「糊の割合が重要です」と説明していた。”

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 成瀬が「シャボン玉を極めようと思うんだ」って真剣に言ってるの、なんか彼女らしいなって思いました。しかも、その後でご当地芸人に「糊の割合が重要です」って真剣に説明してるのも笑えたし、同時に感心しました。なんでも本気でやる姿勢って、やっぱり素敵だなって思いました。成瀬のこういうところ、見習いたいです。

“西川貴教(にしかわたかのり)に対する滋賀県民特有の情熱は持ち合わせていない。”

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 この一文、滋賀県民の西川貴教への熱狂ぶりを知っていると、思わずクスッとしちゃいますね。成瀬がそんな特有の情熱を持ち合わせていないっていうのが、逆に彼女の独自性を際立たせています。まさに「自分の道を行く」成瀬らしいなって感じました。

“小学校の卒業文集に書いた将来の夢は「二百歳まで生きる」だった。”

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 小学校の卒業文集に「二百歳まで生きる」って書くなんて、なんて大胆な夢なんだろうって思いました。成瀬の純粋さと無限の可能性を信じる姿勢が垣間見えて、彼女のキャラクターがますます愛おしく感じられました。

“最近は期末テストで五百点満点を取ると宣言した。結果は四百九十点だったが、たとえ目標に届かなくても成瀬は落ち込まない。”

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 さすが、膳所高校に進学するくらい頭のいい成瀬らしいです。

「えっ?私ゼゼカラやめるなんて言ってないよね?夏にはこっちに戻ってきて活動できるよ?」

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 成瀬が少しぎこちなさを残しながらも元気を取り戻す姿が本当に可愛い!この二人がずっと仲良くしてくれるといいな。お笑いコンビの結成やM-1出場も、最初は成瀬に引っ張られてみゆきはあまり乗り気じゃなかったけど、何年も一緒に取り組むうちに「ゼゼカラ」がみゆきにとって成瀬との大切な絆になったのが嬉しい。

「島崎、私はこの夏を西武に捧げようと思う」

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 「島崎、私はこの夏を西武に捧げようと思う」って、すごい決意。まるで戦場に行くみたいな勢いだけど、なんか成瀬の真剣な感じが伝わってきて笑ってしまった。成瀬のこういうところ、本当にユニークで魅力的ですね。この先どうなるのか気になるし、彼女の冒険心がどんどん広がっていくのを見てるとワクワクします。

「島崎、わたしはお笑いの頂点を目指そうと思う」

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 お笑いの頂点を目指すなんて大きな目標だけど、成瀬なら本気で言ってそうで、なんか応援したくなる。彼女の決意や情熱が伝わってくるし、何よりその無邪気さが魅力的。これからどうやってその夢を追いかけていくのか、すごく楽しみ。

「そうだ」「構わない」
「そんな質問をするということは、西浦は私が好きなのか?」

引用元 成瀬は天下を取りにいく/宮島未奈/新潮社

 普通の女の子はこういう対応はしませんよね(笑)。

まとめ:成瀬あかりの名言集

 いかがでしたか?まだまだおもしろい名言がたくさんありますが、成瀬のまっすぐなところがほんとに好感がもてますね。

 まだ未読の方は、オーディブルで無料で聴くことができますので、この機会に、ぜひ聴いて成瀬あかりの魅力に浸ってみてくださいね!




\30日間無料で聴き放題/

今すぐ無料で聴く


タップできない場合はキャンペーン終了

-成瀬は天下を取りにいく