PR

アドルフに告ぐのあらすじと最後とは?!手塚治虫の最高傑作|漫画を無料で読む

引用元 TEZUKA OSAMU OFFICIALサイト

 手塚治虫さんの不朽の名作「アドルフに告ぐ」は、第二次世界大戦を舞台にした深遠な物語を通じて、人間の尊厳、友情、そして愛の力を描いています。

 手塚治虫さんの晩年の名作という呼び声高い本書ですが、現在では未読であったり、内容をご存じない方も多いのはないでしょうか?

 このブログでは、この作品がいかに時代を超えて私たちの心に響くのか、なぜ「アドルフに告ぐ」がただの漫画ではなく、人間の本質を問う歴史ドラマとして高く評価されているのか、その理由を見て行きたいと思います。

アドルフに告ぐのあらすじ

 第二次世界大戦当時の日本とドイツを舞台に、アドルフという名前をもつ3人の男がたどった運命を描く長編マンガです。

あらすじ

1936年、ベルリンオリンピックの取材でドイツにきていた峠草平は、そこで留学中の弟が殺されていることを知ります。やがて弟が殺された理由が、彼がアドルフ・ヒットラーの重大な秘密を文書にして日本へ送ったためであることが明らかになってきます。その文書とは、ヒットラーにユダヤ人の血がまじっているという出生の秘密を明かすものでした。

一方、神戸に住むドイツ総領事館員のヴォルフガング・カウフマンも、本国からの指令を受けて、その文書の行方を追っていました。そのカウフマンにはアドルフという息子がいました。カウフマンはアドルフを国粋主義者として育てようとしていましたが、アドルフは、自分と同名のユダヤ人アドルフ・カミルと親友だったため、ユダヤ人を殺してもいいと教えるナチスドイツの考え方には反発を感じていました。けれども、アドルフ・ヒットラーという独裁者が支配する恐怖の時代に、ふたりのアドルフの運命は大きくねじ曲げられていくのでした。

引用元 tezuka osamu officialサイト

解説

1983/01/06-1985/05/30 「週刊文春」(文藝春秋社) 連載

20世紀の悪夢、アドルフ・ヒットラー。アーリア人以外の人種をすべて憎み、ユダヤ人を弾圧・虐殺した独裁者がじつはユダヤ人だったことを証明する文書が実在したら? というフィクションをもとに繰り広げられる大河ドラマです。

虚実が織り交ぜられたストーリーながら、たとえば「陽だまりの樹」のように、多くの実在の人物が登場したり、歴史的な出来事や実在の神戸の地名などがちりばめられたリアリティのある描写があるため、読み込めば読み込むほど深く味わえる作品です。

手塚治虫が自らの戦争の記憶を伝えたい、という思いも込められており、当時の風俗やうたわれた歌、子供たちの遊びなどが細かく描きこまれているのも見どころの一つ。「陽だまりの樹」「シュマリ」「一輝まんだら」そしてこの「アドルフに告ぐ」、さらに戦後を描く作品なら「どついたれ」「奇子」「MW」と、幕末から昭和史までを手塚作品で辿ってみるのも一興です。

引用元 tezuka osamu officialサイト

3人のアドルフとは?!

アドルフ・カウフマン

ドイツ人外交官と日本人女性を両親にもつ少年。お坊ちゃんらしい性格で内気だが、気の強いユダヤ人のアドルフ・カミルにたびたび助けられ親友になる。父やその部下にAHSに強制的に入学させられ、ドイツに送られ、ナチズムに染められてしまう。

引用元 tezuka osamu officialサイト

アドルフ・カミル

神戸市内にあるパン屋の息子。ユダヤ人。大人たちがヒットラーの出生の秘密について話しているところを盗み聞きしてしまい、秘密を巡る陰謀に巻き込まれてしまう。

引用元 tezuka osamu officialサイト

 日本人の父とドイツ人の母を持ち、カウフマンとは異なる環境で育ちます。カミルはカウフマンと深い友情を育むものの、戦争の進行と共に彼らの関係は複雑なものになっていきます。カミルの物語は、戦争の残酷さと人間の尊厳を守るための闘いを描いており、彼の成長と変化が物語の重要な要素となっています。

アドルフ・ヒットラー

ナチス・ドイツ総統。「劇場型国家」を作り上げ、ユダヤ人を迫害・虐殺するなどの政策をとった独裁者。本作ではユダヤ人の父を持ち、そのことを証明する、母がしたためた手紙などの文書が残されているという設定。元は建築家を志したが、学生の頃苦労をしたため、資本家のユダヤ人を憎んでいる。猜疑心が強く激しやすい性格で、アーリア人以外の民族を異常にさげすみ、忌み嫌う。

引用元 tezuka osamu officialサイト

 この物語では、アドルフ・カウフマンの苦悩と葛藤、アドルフ・カミルの正義と友情、そしてアドルフ・ヒトラーの野望と狂気が、戦争という極限状況の中で交差します。

 手塚治虫さんは、歴史の中の暗部を描き出しつつ、人間の尊厳、愛、友情の重要性を訴えかける物語を展開しています。

アドルフに告ぐの最後とは?!読んだ感想

 手塚治虫さんの「アドルフに告ぐ」には以前から興味を持っていましたが、この作品に関しては特に、歴史的な背景と人間ドラマの深さに引き込まれました。初めてこの作品を手に取った時のことを今でも鮮明に覚えています。ページをめくる手が止まらないほど、物語に夢中になったのです。

 物語は「ベルリンオリンピックのとき、ドイツに住んでいた日本人青年が殺される。青年は共産主義者だった。青年は””RW""のダイイング・メッセージを残して何故殺されたのか、この弟とアドルフの父親が懇意にしてた芸者も殺され、その共通点は爪に挟まっていた石膏の白い粉の謎。実はヒトラーの致命的な秘密を知ったがために殺されたのだった。ジャーナリストの兄がその真相を追う…」というシーンから始まりますがグングン引き込まれます。

 謎かけ、伏線、因果関係、出会い、別れ、狂気、団結、人種差別、戦争、友情、親子、そして人間とはなにか…まさに大河ドラマかのごとく大きく時代のうねりに翻弄されていく人物たちを完璧に描ききっています。

 手塚治虫さんといえばどちらかと言えば子供向け作品が多く、ソフトタッチな筆遣いで優しく描く印象でしたが、本作での書き込みはとにかく半端ではありません。鬼気迫るというべきかオーラーを発してます。ストーリーもさることながら絵そのものが芸術作品なのです。

 「アドルフに告ぐ」の第5巻では、米軍による日本空襲と敗戦、連合軍に追い詰められるヒットラーと、その死が描かれています。

 「誰も彼も…日本中の人間が戦争で大事なものを失った。それでもなにかを期待してせい一杯生きてる人間てのはすばらしい」という峠草平の台詞、「おれはあの日から何千人ユダヤ人を殺したかな…子どもに殺しを教えることだけはごめんだ。世界中の子どもが正義だといって殺しを教えられたら、いつか世界中の人間は全滅するだろうな」、「おれの人生はいったいなんだったんだろう。あちこちの国で正義というやつにつきあって、そしてなにもかも失った…両親も…友情も…おれ自身まで…おれはおろかな人間なんだ。だが、おろかな人間がゴマンといるから、国は正義をふりかざせるんだろうな」というアドルフ・カウフマンの述懐が胸に突き刺さります。

 何度も読み返しているはずなのですが、最終話まで達したときの感動は全く変わりません。

 戦争の悲惨さを描いた作品は人の数ほど存在していますが、手塚治虫さんは、この悲惨さがどこから来ているかをこの作品で解き明かそうとしたのではないかと思います。

 人間という存在が信じられないほど愚かな選択をしてしまう場合があるということを率直に私たちに提示されているのではないでしょうか。

 日本もかつてはその悲劇的な選択をした国でした。戦争に勝って喜ぶ国民は次の戦争を引き起こす導火線になっているかもしれません。戦争が近づけば、軍人が世の中を支配してしまいます。ドイツでもイタリアでも。凛々しく勇敢に見えた人々。気がつけば誰も本当のことを喋ることができなくなっています。

 この物語は、第二次世界大戦という人類史上最も暗い時期の一つを背景にしています。手塚治虫さんは、歴史の事実に基づきつつも、人間の心の動きを丹念に描くことで、私たちに強烈な印象を与えます。戦争の悲惨さとは対照的に、人間愛の光が際立って見えるのです。

 物語の中で、異なるバックグラウンドを持つアドルフたちが直面する苦悩は、私たちに深い共感を呼び起こします。特に、友情と裏切り、愛と憎しみの狭間で揺れ動く心情は、誰もが感じる普遍的な感情です。

 「アドルフに告ぐ」を読んで、最も強く残るのは「愛と理解があれば、どんな困難も乗り越えられる」というメッセージです。手塚治虫さんは、人間としての尊厳を最後まで守り抜くことの大切さを、この作品を通じて伝えているのではないかと感じました。

アドルフに告ぐは全5巻・無料・格安で読む方法

 現代社会では、過去の教訓を忘れがちですが、「アドルフに告ぐ」は歴史から学ぶ重要性を我々に思い出させてくれます。

 手塚治虫さんの洞察に富んだ物語は、人類が再び同じ過ちを犯さないように、そして人間としての本質を見失わないように、警鐘を鳴らしています。

 ぜひあなたも、手塚治虫さんの不朽の名作を自らの目で確かめてください。

 今ならイーブックジャパンに登録すると、"最大6回まで使える70%OFFクーポン"がもらえます。(無料会員登録すると自動配布されます。)

 このクーポン利用すれば、「アドルフに告ぐ」の電子書籍全5巻通常1,650円が、なんと全5巻495円で購入できます。

 通常価格よりもお得にこの名作を手に入れることができます。

 限定配布なのでお早めにどうぞ!

 このチャンスをお見逃しなく!※2024年2月時点での情報です。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

⇩イーブックジャパンについては、こちらで紹介しています。

あわせて読みたいイーブックジャパンで本を購入する手順を詳しく紹介

 イーブックジャパンは「株式会社イーブックイニシアティブジャパン」が運営する電子書籍サービスで、2018年3月23日にヤフー株式会社と業務提携しました。  イーブックジャパンは漫画の配信に力を入れてい ...

続きを見る

さらに、無料で読みたい方は、コミック.jpがオススメです。

コミック.jpに登録すると今なら1,200ポイントもらえるので、手塚治虫さんの本なら3冊無料で読むことができます。

※2024年2月時点での情報です。

コミック.jpの月額コース(1,100円 / 税込)を30日間無料で体験できます。

登録は3ステップで簡単!いつでもすぐにキャンセル(解約)できます。

※ご登録日を含む30日間以内に解約した場合、月額料金は発生しません。

>>コミック.jpの無料登録ページはこちら

今の時代だからこそ、もっと多くの方に読んでもらいたい。戦争について考えてみて欲しい。そして、この先もずっと読みついでいってもらいたいと思う作品です。

-手塚治虫