PR

結婚相談所体験ブログ|慶應大卒の男性に出会って交際に発展?!体験談➀

 私が結婚相談所からの紹介を受けた発端は「これからも娘がアトピーで一人で生きていくのはかわいそうだから、何かできることをしてあげたい…」との理由で、母が登録したのがはじまりでした。

 私は、長い間アトピーで苦しんでいたこともあり、ほとんど男性とお付き合いをするチャンスもなく、そういった意味では世間知らずのうぬぼれ屋だったため、結婚については「これまでの人生を大逆転するには玉の輿に乗るしかない!」と考えていました。

 そして、今回のお相手であるKさんにお申込みをしたのは、私が結婚相談所に入会して半年が過ぎた頃でした。

 地方のため登録者数が少なく、この頃には「会ってみたいなぁ」と思うような、お相手が少なくなっていましたが、プロフィールを見た時に「えっ!こんな方いたんだぁ」と、とても驚きました。

 お相手は、なんと日本でもトップの有名私立大学である慶応大学卒!大手企業に勤務、お写真も清潔感があって、とても好印象な同い年の方でした。

 結婚相談所はろくな男がいないと思っていた私に希望の光が差した瞬間でした。

 ただ、ひとつだけ、気になることがあったのです…。

  • 幼少から25年以上苦しんだ重症アトピーを克服
  • 27歳から恋愛経験がないまま婚活をスタート
  • 結婚相談所、婚活パーティー、マッチングアプリで100人以上の人と会う
  • 婚活5年目で、某有名私大W大学出身のパパと結婚
  • 小学生2人のママ

結婚相談所はろくな男がいない?私の体験談

 お会いしたのは、結婚相談所のお部屋。

 仲人さんもいらっしゃいます。

 初対面で会う時に怖い思いをしなくていいのは、結婚相談所の良いところです。

 時間も場所も、こちらの都合を言えば、すべてお相手とマッチングしてくれます。

 お相手と会う時に心掛けていることは、スカートとハイヒールで行くということでしょうか。

 やはり初対面は外見が一番ですし、男性も女性らしい方が好みということを仲人さんに言われました。

結婚相談所でのお見合い、お相手は慶應のハイスペック男性

 時間になり、お見合いがスタートしました。

 毎回、この時間は口から心臓が出るほど緊張します。背中を汗が流れるのがわかります。

 気の弱い私は、緊張で下を向いていたのですが、仲人さんの声で顔を上げました。

 肝心の第一印象は…?!

「ハゲとるやん!」(もちろん、心の声です!)

 これには驚きました。これまで3人の方とお見合いしてきましたが、写真と別人(!?)が来たケースは初めてです。

 お見合いの写真では、スーツをビシッと着て、好青年でした。

 慶應義塾大学卒という学歴からも、育ちの良さを感じさせるお写真でしたが…。

 今、目の前にいる方は、小太り…ぽっちゃり型の頭髪が薄目の男性です。

 誰かと言われれば、まさに海原はるか・かなた師匠ではありませんか?!


※ご参考 海原はるか・かなた(松竹芸能公式HPより)

 確かに、身上書のお写真の面影はありますが、髪の部分については、写真とのギャップが非常に大きいです。

 まさに、カメラマン凄いの一言に尽きます。

お相手の素敵だと感じたところ

 私の心の動揺とは別に、Kさんは終始ニコニコされていました。

 Kさんから話をしてくださり「楽だなぁ」と思いました。

 私と同郷で、高校までは地方で過ごし、猛勉強して、慶応義塾大学に入学し、卒業してからは、1つの会社に長く務められていて、とても真面目で堅実な方だという印象を受けました。

 そんな有名大学を卒業し、東京での生活を経たにも関わらず、Kさんの話は自慢気でもありませんし、全く鼻に付くこともありません。

 そしてニコニコっと親しみやすい微笑みを浮かべながら、初対面の私の話を聴いてくれています。

 素敵だなぁと感じたところは、全国規模の会社にお勤めですが、ご両親のことを考えて、地元勤務のうちに婚活をしているとのこと。

 また、私の身近な男性は、若い人でも、いわゆる方言丸出しのような男性が多かったのですが、Kさんは、東京にいらしたので、シティボーイと言いますか(笑)、言葉が非常にきれいでした。

 私にとって、あまり触れ合う機会の無い標準語の心地良さは、自分まで都会的な空気に包まれるような気がして、聞き入ってしまうほどです。

 その後、和やかな雰囲気のまま、約1時間の会話をし、お見合いは終了しました。

お見合い後好きになれない時は

 正直、迷っていました。

 外見はタイプではなかったのですが、話せば話すほど惹かれる魅力が、Kさんにはありました。

 帰宅して考えていたところ、仲人さんからお電話があり「お相手の方は交際希望です」とのこと。

 「えっ!?25年以上アトピーで、恋愛経験もない、こんな私なのにどうして?」と感じたのが正直なところでした。

 交際希望のお返事をいただいているので、喜ぶべきなのですが、私は心では「玉の輿希望」と言いつつも、自分に自信が無かったのです。

 本当は「高学歴な慶應義塾大学卒の人に見合う自分ではない」と思い、お断りした方が良いのではないかとさえ、考えていました。

 仲人さんからは「女性の場合は、迷うならもう1度会ってみる。男性の場合は、迷うくらいならお断りをするようにアドバイスしている」とのこと。「次は二人で会ってみたらどう?お断りするのはそれからでも遅くはないから」との応援を受けました。

 「優しい方だし、もう少し話してもいいかなぁ」そう思いました。

2回目のお見合い|慶應ボーイはハイセンス?!

 2回目の待ち合わせは、駅から近い有名なホテルのロビー。

 ホテルを使うのは多くの人が使っている待ち合わせスポットのほうが、初めてでも場所がわかりやすいためです。

 待ち合わせ場所にKさんが先に着いていました。

 「えっ??」心の中で叫びました。

 今回は、2回目ということもあって、私服だったのですが、kさんの服装は、タック入りのスラックス(死語)に、薄いベージュ色のポロシャツ…しかも、ポロシャツはスラックスに「イン」されています(涙)。

 「おぉ、なんというセンス?!」(心の声です)。

 私服のダサさに卒倒しそうでした。

 東京で生活してきた慶應ボーイ(20歳代)の服装ではありません。

「慶應…だったよね」(心の声…涙声です)

 しかし、Kさんは、私の気持ちなど全然気付かない様子で、満面の笑顔で近づいて来られます。

 私は引きつりながら「先日はどうもありがとうございました…」と挨拶をするのがやっとでした。

 Kさんが間髪入れずに「お店を予約していますので、行きましょう」とおっしゃいました。

 「予約?」

 今まで、男性から予約というものをされたことがなかったので、お店を予約してくださったことに驚きましたし、嬉しかったです。

 レストランでは、嫌いな食べ物が無いか聞いてくださり、気配りも細やかです。

 2回目ですが、会話は本当に楽しかったです。

 Kさんは、私の話をさらに質問で深めてくださって、これまでのお見合いで1番楽しかった印象です。

 「ウィットに富む」といいますか、目の前の相手に対して、気の利いた会話や文章を作る才能が豊富にある方なのだろうと思いました。お話をしていて、Kさんの「頭の良さ」を感じましたし、頭の回転が速いってこういう人のことをいうものなのか、と思いました。

 「学歴」は、単に勉強力だけではなく、このような人間的な能力や魅力のバロメーターにもなり得るということにも気付きました。

 しかも、Kさんとは同い年ということもあり、芸能、音楽、テレビ、お笑い、全て話が合いました。

ギャップを埋める魅力とは?!

 会話をしていると、もうこのころには、Kさんは海原はるか・かなた師匠から、竹野内豊ばりのイケメンに変身していました。

 男性の良さというのは外見ではなく、こうした内面から滲み出る人間性にあることが、わかりました。

 楽しかった2回目のお見合い(デート)を終え、3回目も会う約束をして別れました。

 その夜、仲人さんからお電話がありました。

 デートをしたら、進捗確認の電話がありますし、次の日程なども仲人さんに伝えます。

 お相手のことについて相談したいことがあれば、仲人さんに話せるので、悩みがあれば一人で抱え込まなくていいことが、結婚相談所の利点だと思います。

結婚相談所|仮交際期間

 この日もスラックスにベージュのポロシャツという出で立ちのKさん。

 ジーンズなんかを履けば、きっと若く見えると思うのですが、Kさんはファッションには全く興味が無いようです。

 「ファッションに変にこだわりが強い人よりはマシかぁ…」と考えながら、頭の頭髪の薄さとファッションに引いてしまう私もいます。

 またも、引きつりながらご挨拶。

「先日はありがとうございまいした。」社会人としての礼儀は果たします。

 しかし、私の複雑な心境には、お構いなしのニコニコ笑顔のKさん。

「今日はカフェでお茶しませんか?」

 カフェェェ~、素敵です。「東京」を感じさせてくれます。

 案内されたのは、素敵なクラシックが流れる、おしゃれなカフェです。

 地元の田舎の男性なら、マックとかミスドが関の山だろうなぁ、と思いつつ。お腹がぐっ~と鳴ったら響きそうな大人の空間です。

 時間は昼の14時。昼食も夕食も気にしないでいいお見合いベストタイム!あまり知らない相手と食事するのって疲れますし、回数が少ないうちはお茶だけの短時間は助かります。

 「3回目にしてはいいチョイス」と思っていたら「飲み物は何にしますか?」とKさん。

 さすが、気遣いのKさん。こういうところは抜かりありません。

 Kさんはとにかく色々とよくお話してくださいます。仕事の事や趣味など、オープンな感じです。

 なので今まで一緒にいて無言になることは、ほとんどなく、なおかつ、一緒にいて楽な感じです。

 充実した時間を作ろうとしてくれている気持ちが、何よりありがたいです。

結婚後は専業主婦もあり?!

 kさんのお父さまは公務員で、お母さまは専業主婦とのこと。

 仕事は転勤があり、海外に行くこともあるので、家を継ぐ、とかそういう問題は無い、とのこと。

 近くにお嫁に行ったお姉さまが住んでいらっしゃるので、両親の面倒はちょこちょこ見てくれているということでした。

 ご両親は「結婚相手が専業主婦でも構わない」とおっしゃっていたとのことでした。

 結婚に対する親の考えや結婚後の仕事のことなどは大切なので、少し関係性ができてきたら、早めにきちんと聞いておいた方が良いですね。

 当時でも「専業主婦でも良いです」と断言されるのは珍しかったです。Kさんがそういった環境で育って来たからというのもあるかもしれませんが「金銭的にも養っていける」という自信の現れかと思います(Kさんのお勤め先は、旧財閥系の大企業です)。

 私は専業主婦でも共働きでもどちらでも良い程度にしか思っていませんでしたが、いざ「専業主婦で良いです」と言われると、やはり楽ですので、ついつい顔が綻びます。

 心の中で「海外赴任になると、環境も変わるし、アトピーが出ないかなぁ」なんて考えていたら、時間は17時、すっかり話し込んでしまいました。

 この日もKさんがお茶代を支払ってくださいました。

 お店を出て「今日は私が払います!」と言っても絶対に受け取らないKさん。お金の支払いがスマートで好感度がさらに上がります。

 ここから3か月で、計10回ほどデートに行きました。

 デートの回数が進んできてからは、お互い結婚の事について話をして行くことになります。

衝撃の結末!

 相変わらずニコニコ笑顔のkさん。そういえば怒ったところをみたことがない。

 3か月が経った頃、Kさんから「将来のことを真剣に考えていて。結婚のことを両親に話したい」と言われました。

 要は「近々そういうこと(顔合わせ?!)になるかもしれないから、心構えはいかがですか?」というニュアンス。

 私は快諾し、未来のその日のための準備をしていました。

 しかし、1週間、2週間たってもKさんから連絡がありません。

 そして1か月後「会って話したいことがある」とのこと。

 約束の日は、3日後の土曜、何だかただならぬ雰囲気です…。

 この日はKさんと初めて行った、ホテルのレストランです。

 この日、初めてKさんに笑顔はありませんでした。

 悪い話の予感がします。

 Kさんは1か月連絡しなかったことを謝ってくださいました。

 外には霧雨が降っています。

 そして、彼からの「実は…」

 「両親が、結婚を反対してるんだ…」

 深刻な話ですが、意外に私は冷静でした。心の中で「ここまで関係を作っても、こういうことがあるのか…」と思いました。

 彼が続けます。「母親が、結婚相手は大学卒業じゃないとダメっていうんだ…」

 息子を東京に出して、名門の慶應義塾大学まで進学させたご両親です。

 結婚相手に対して理想がおありなのは、わからないでもないです。

 でも、こんな基礎的な情報、身上書を見ればわかることですし「なぜ、そんなことが親が伝わっていないのかな?」と思わざるを得ませんでした。

 私は、短大卒業だし、そういうお話もしたのですが「料理の勉強をしたなんてすごい」とか、「自分は料理ができないから尊敬する」とか言ってくれてたのに…。

 Kさんとのやりとりの断片が思い出されます。

 必死に涙をこらえようとしましたが、目に涙があふれてきます。

 彼は続けます。「…姉も、母親を援護してるし…」

 「お父様は?」

 「父親が出て来ると、話がめちゃくちゃになるんだよ…」

 Kさんのご家庭では、女性が力を持っている、という意味のようです。

 結婚について何度も実家に話に行ったけど「大学卒業しか認めない!」の一点張りだったようです。

 私にも姉がいて、母親と姉がタッグを組めば、その意見が強くなりがちなことは理解できます。Kさんのこんなに疲れた顔は見たことないし、私のために頑張って意見してくれたことは嬉しかったです。

 ただ、続けたとしてもこの先どうにもならないのは明確ですし、次の交際を進めるためにもこの交際は終了にせざるを得ません。

 お見合いから約3か月間の交際でした。私自身、恋愛経験がなかったので、お出かけデートをしたのも生まれて初めて。こんな私と一緒に過ごしてくれたのは、ありがたかったです。

 私も、もし結婚して海外転勤になった場合アトピーが心配でしたし、うちはKさんのご家庭とは違い、東京の私立大学に子どもを行かせられるようなのような家庭環境でもありません。Kさんとの格差は明らかです。

 それに、結婚してからも、きっと何かにつけて母親とお姉さんとのタッグ、頼りにならない男性陣は私を苦しめるかもしれません。少し冷静になり、将来のことを考えれば結婚しなくて良かったのでは…と思い始めたら、しだいに涙も止まりました。

 今回は、Kさんから交際終了の連絡を仲人さんに入れてもらうことにしました。

 結婚相談所では、交際終了やその理由をお相手に直接伝える必要は無く、仲人さんに伝えれば良いので、そういった点は、結婚相談所の利点です(なぜなら、結婚は家庭同士のものであり、正面切ってここが嫌だから、ということはたいへん失礼にあたるケースがあります。それを避けるために、間に仲人さんが入るのです)。

 Kさんも、そうできたはずですが、やはり2人で積み上げてきたという想いと、Kさんの誠実さが、最後に会って話す機会をつくってくれたのだと思います。Kさんは、とても良い方でした。Kさんなら、いつかお幸せになられるだろうと思いました。

 私は、この時点で結婚相談所に入会してから9か月が経過していました。すべてリセットされて、また振り出し。また、初対面で緊張するあのお見合いからか…と思うと本当に気が重く感じました。

 すぐに立ち直れるかと問われれば、決して自信がある訳ではありませんが、自分の心も一旦リセットして、新しい交際を掴むしかありません。

 25年間アトピーで男性とお付き合いするチャンスが無かった私ですが、今回の出会いで、いわゆる高スペックの素敵な男性とお付き合いができるんだということがわかり、そういった意味では、自分に自信を持つこともできました

 この経験を糧にすることで、私は、次の紹介に向かって再び歩み出すことにしたのです。

婚活で大事なことは…

 今回のケースのように、婚活は、お相手があることですので、当然、断ることもあれば断られることもあります。

 そして、上手く行くにしても、行かなくてリセットするにしても、それ相応の時間がかかるのが現実です。

 そういった意味では、やはり婚活において時間(年齢)はとても重要になるため、もし、あなたが結婚したいと真剣に考えておいでであるのならば、私は1日でも早く活動をスタートされるのをおすすめします。

 早く始めれば、それだけ明るい結果も早く得られるのです。

 そして、結婚相談所なら、もし上手く行かなくても、次のお相手を、仲人さんが探してくれるので、時間のロスを最小限にすることができます。

 あなたの婚活をサポートする結婚相談所ですが、全国・地方に、大手・中小、数多くの結婚相談所があります。

 結婚情報比較ネットなら、複数の結婚相談所の資料(無料)を一括で請求できますので気になる方は、あなたのお住まいの地域などを切り口にして、ぜひ、比較検討してみてください。

 上記でご紹介した無料のパンフレットの請求についてまとめておきます(さらに私がお得だと感じる部分(※印)もご紹介しておきます)。

  • 大手結婚相談所の20社のうち、5社を無料、一括で資料請求できます。
    (各社の良いところを比較できますネ)
  • 資料請求のための登録は、3ステップで簡単です。
    登録完了まで2分!

    ※なお、資料請求の後に、さらに「結婚相談所比較ネット」経由で、結婚相談所に入会すれば(毎月10名)婚活支援金30,000円プレゼントされます!

 さらに、各社の資料には限定のキャンペーンなども記載されており、とってもお得です。

\無料で資料請求/

結婚相談所の料金は高すぎる?!

 今回、私が利用したのは仲人さんがいる結婚相談所です。

 費用は下記の通りです。

入会金33,000円
登録料33,000円
お見合い料
(1人申込み)
3,000円
月会費11,000円
成婚料220,000円

 結婚相談所については、当時、アトピーで苦しんでいた私を見るに耐えず、地方に住む母親が手配してくれたという経緯があるのですが、その結婚相談所にかかる費用は、半年間や1年間コースでも〇十万円単位となるなど、入会したあとに長期間活動を継続することは、家計に重い負担となります。

 その点、オンライン結婚情報サービス初期費用も安く、成婚料も無料のため、取り組みやすいんです。

 費用を抑えて婚活したい人には「スマリッジ」がオススメです。

\登録料6,600円が0円に!/

 

\11月1日(水)~ 11月14日(火)/

さらに詳しく

 さらにもっと費用を抑えて婚活たい人には、婚活アプリがオススメです。

 私はその後、婚活アプリで某有名私大W大学出身の夫と出会うことになります。

>>恋愛経験なしでハイスペック男子と婚活アプリで結婚!

 私と夫が登録した婚活アプリは、近年のインターネット異性紹介事業の吸収や合併などの流れのなかで今ではサービスを終了していますが、同様の仕組みがないかという観点で探してみたところ、ブライダルネットさんや、ゼクシィ縁結びさんや、ペアーズさんが非常に近く、真剣なお相手と多く出会えるマッチングアプリだと感じています。

婚活マッチングアプリ ブライダルネットで結婚真面目な 出会い
婚活マッチングアプリ ブライダルネットで結婚真面目な 出会い
無料
posted withアプリーチ

婚活 ゼクシィ縁結び 婚活マッチングアプリで真剣な出会い探し
婚活 ゼクシィ縁結び 婚活マッチングアプリで真剣な出会い探し
無料
posted withアプリーチ

 いずれも、登録無料キャンペーンや無料トライアルなどがありますので、よかったらお試ししてみてくださいね。

まとめ:結婚相談所はろくな男がいないはウソ

 今回のお見合いでは、男性の良さというのは外見ではなく、内面から滲み出る人間性にあることを学びました。

 仲人さんのサポートを受けながらも、自分の魅力を最大限にに引き出し、相手との良好な関係を築くために努力することが大切だと感じました。

 婚活が長期間にわたり、経済的負担を伴い、しかもなかなか良いお相手に出会えないなどの状態が続くと、自分が思っていた以上に、気持ちと体力を消耗することがあります。

 そういうリスクを踏まえると、もし、あなたが、あなたの限られた時間を有効に活用し、できるだけ短い期間、お手軽な費用で、多くのお相手候補の中から「真面目に結婚を考えているお相手」に効率良く出会い、深いやりとりをしてみたいと考えているならば、私は、迷わず「婚活サイト」を最適なツールとしてオススメします。

 私は、自身の成功経験からも「婚活サイト」は、文字どおり、婚活のための最強ツールだと確信しています。

 あなたの貴重な時間を無駄にしないためにも、できれば今すぐ、婚活をスタートさせてください。

 あなたのこの一歩が、数か月後の未来のあなたの役に立つと、私たちぷにぷにかぞくは、確信しています。

>>【決定版】素敵なお相手と出会えるオススメ婚活アプリ・マッチングアプリ5選

次の記事⇩

婚活体験ブログ➁30代からの婚活に手遅れなんてない!30代からの婚活成功体験記②

 30代で婚活を始めるのに手遅れだなんて思っていませんか?  私は、幼少からのアトピーを20代後半でようやく克服し、結婚への焦りから恋愛経験のないまま、結婚相談所に始まり、30歳からは婚活パーティー、 ...

続きを見る

婚活

アトピーで恋愛・結婚を諦めないで!恋愛経験なしでも結婚できた体験談

 アトピーのせいで、恋愛、結婚ができないと悩んでいませんか?  私も脱ステロイドを2回、断食による入院を2回経験するほどの、重症のアトピーでした。  しかし、ある治療法に出会い、27歳でアトピーを克服 ...

婚活

ハイスペック男子は疲れる?ハイスペック男子と婚活アプリで結婚!

 私と夫(某有名私大W大学院修了)は「婚活アプリ」で出会って結婚しました。 そうだね!初めは「婚活アプリってどうなんだろ?」って思ったけど、こんな出会いがあるなんて思わなかったよ。パパ 私はアトピーで ...

婚活

【体験ブログ】マッチングアプリは危険?!知り合った相手に衝撃を受けた話

 友だちがマッチングアプリで知り合った相手の裏の顔に衝撃を受けた話です。  このブログでは、私が体験した「マッチングアプリ」の魅力や使い方、注意点などを詳しく解説して、婚活を成功させる秘訣をお伝えしま ...

婚活

30代からの婚活に手遅れなんてない!30代からの婚活成功体験記②

 30代で婚活を始めるのに手遅れだなんて思っていませんか?  私は、幼少からのアトピーを20代後半でようやく克服し、結婚への焦りから恋愛経験のないまま、結婚相談所に始まり、30歳からは婚活パーティー、 ...

婚活

マッチングアプリのライン交換で後悔|私が出会った危険人物とは?!体験記③

 婚活は、すべてが上手く行くとは限りません。不特定多数同士が出会うという性質上、望まないような体験をすることがあります。  その体験からマッチングアプリの実態、危険な体験、注意すべき危険性について紹介 ...

婚活

30代婚活地獄からの脱出うまくいかない疲れた諦めたい|体験記④

 幼少からのアトピーを27歳でようやく克服した私は、結婚への焦りから恋愛経験のないまま、結婚相談所に始まり、婚活パーティー、マッチングアプリでの婚活を、手当たり次第に試したのでした。  でも、事前のリ ...

婚活

マッチングアプリでのプロフィールの書き方30代女性実物公開|体験記⑤

   今回は、私がマッチングアプリでの婚活のやり方を徹底的に見直した結果、ついに運命の人に出会う(!?)お話です。  私が実践したマッチングアプリの選び方、マッチングアプリでのプロフィールの書き方も、 ...

婚活

マッチングアプリでのプロフィールの書き方30代男性実物公開|体験記⑥

 今回は、今の夫:ぷにパパが実際に書いたプロフィールを、本人の承諾を得て公開します! 私自身婚活アプリを利用して多数の方からお申込みをもらいました。プロフィール作成に気を配っている点も大きいと思います ...

 

-婚活