PR

ららぽーと福岡駐車料金の精算は三井のカードかレシート捨てないで

 ららぽーと福岡の駐車場なんだか分かりづらいと思いませんか?

 私も行くまでは利用方法(チケットレスシステム)が分からなかったのですが、実際に利用してみたら簡単でした。

 ららぽーと福岡の駐車場は駐車券がいりませんが、レシートのQRコードか、三井ショッピングパークカードが必要です。

 出庫する前に事前精算機で精算します。

 この記事では、チケットレスシステムと駐車料金について紹介します。

 チケットレスシステムを利用した感想は、三井ショッピングカードで駐車料金が無料になり、レシート不要でとても便利でした。

人気の記事7sGoodは怪しいの?口コミは?実際に購入して真相を調べてみた!

 プチプラ商品。この言葉に反応しない人はいないのではないでしょうか?実は私もその一人です。  手頃な価格で高品質な商品を手に入れられるというのは、消費者にとって魅力的ですよね。  そんな私が今回注目し ...

続きを見る

ららぽーと福岡駐車場料金

駐車場基本料金

200円/30分

駐車料金サービス

駐車サビスのご案内平日土日祝
入庫後無料時間2時間1時間
お買上サービス(無料時間)1,000円(税込)以上1時間1時間
(レシート合算可・合計金額)3,000円(税込)以上2時間2時間
三井ショッピングパークポイントカード会員1時間30分
三井ショッピングパークアプリ会員1時間30分
三井ショッピングパークカード《セゾン》会員2時間1時間
引用元 ららぽーと福岡公式HP

 駐車料金の詳しい情報はららぽーと福岡公式HPをご覧ください。

駐車料金お得にする方法

 ずばり三井ショッピングパークカード《セゾン》会員になることです。

 平日で2時間。土日祝で1時間無料になります。

 清算もカードだけで済むので便利です。

2022.5.6

 ららぽーと福岡店頭でも募集されています。

 入会当日から駐車場サービスが受けれるようです。

 ぷにぷにかぞくも申し込みました。

 ららぽーと福岡公式サイトからも申し込めます。

チケットレスシステム使い方

実際に、ららぽーと福岡に車で行ってみました。

 今回は駐車場を利用しました。

 ちなみに、訪れたのは特別ご招待の4月23日(土)16時ごろです。

 プレオープンとは言え、初めての土曜日。

 渋滞の状況も気になります。

各方面から駐車場へのルートは、こちらもご参照くださいね。

無用な渋滞に巻き込まれないためには、予備知識も重要です。

関連記事
ららぽーと福岡駐車場|車でのアクセスを写真で徹底解説!

 この記事では【ららぽーと福岡】の周辺道路と駐車場、駐車場料金、駐輪場の様子をご紹介します。  みなさんは、どの方面からアクセスされるでしょうか?  北側(博多方面)、西側(大橋方面)、東側(志免方面 ...

続きを見る

 今日は、東側(志免方面)からのアプローチです。

 ららぽーと福岡公式HPにならって、東側から「高木下月隈線」を西方面へ向かいます。

 ポイントとなる「弓田交差点」の手前には、警備員さんが歩道に立って、「ららぽーと福岡は直進」と表示していました。

 本来は東側(志免方面)からは「弓田交差点から右折」ですが、右折帯に車列ができるのを防ぐために、公式は直進で案内しています。

 弓田交差点を過ぎると、高木跨線橋の手前の信号から側道に入るように案内されます(この信号でも右折はさせたくないのです)。

 側道は混雑していませんでしたが、南・立体駐車場の入口に入るためにUターンして合流する反対車線の側道が混雑していました。

この道は、

①南・立体駐車場へ入庫したい車列と、

②南・立体駐車場から出庫した車列、

③ららぽーと福岡の他の駐車場を出庫をして東(志免方面)、南(二日市方面)に帰る
車列が、ひとつに集まってしまう構造的な問題があります。

 プレオープンの時点で、このような渋滞の車列ができていると、東方面からの南・駐車場へのアクセスには不安が残ります。

 さて、われわれもわざわざ渋滞している車列に突っ込んでまで、無理に「南・立体駐車場」に入れる必要もないので、次善の案として用意していた「南・平面駐車場」に向かうことに変更します。

 幸い「南・立体駐車場」付近以外の渋滞は無かったので、「南・平面駐車場」まで難なく到着、空車でしたので入庫しました。

駐車場のチケットレスシステム注意点

入庫時に、発券機でチケットを取る必要はありません!

 ※上記の写真は、建設中の南・立体駐車場のものです。

 入口ゲートを通る際に、バーの一旦停止はしますが、発券機で券を取る必要はありません。

 発券機の奥にあるカメラで、車のナンバーが記録され、バーが開きます。

 入庫は、これで終わりです。

 出庫前に、店内で「事前精算」する際に、車のナンバーで検索し、自分の車の画像を選んで、事前精算ができるのです。

駐車場を離れる前に、自分の車の4桁のナンバーを覚えておいてくださいね!!

 南・平面駐車場からは、道路を横断することになりますが、警備員さんからは「南・立体駐車場の渡り廊下から渡ってください」と案内されます。

 横断歩道のないところでの横断は危険ですから、当然のご案内ですね。

 ちなみに、上記の写真の右奥に写っているのが「南・平面駐車場」です(渡り廊下から撮影しました)。

 この渡り廊下からは、南・立体や平面駐車場付近から、ららぽーと福岡の地下を通り抜けて、「北・立体駐車場」に抜けることができます。

 このアンダーパスの出入口がありましたので撮影しました。

 この時は、北駐車場から、抜けてきている車の車列ができていました。

 このように、ららぽーと福岡は、北・東・南駐車場が相互に行き来できる仕組みになっています。

 ですので、事前に仕組みを理解しておき、複数の優先順位を決めておくことも必要です。

 駐車スペースの区切りが二重線になっていますので、駐車が苦手な方にも安心です(写真は南・平面駐車場)。

お買い物される方は「駐車割引レシート」の発行を忘れずに

1,000円以上のお買い物で、駐車場割引サービスを受けることができます。

三井ショッピングカードかアプリ会員の方はレシートは必要ありません

 お会計時に上記でお支払いやポイントを付けられた方は、お買い物の記録が残っていますので、事前精算時にレシートが不要です。

 

上記以外の方はQRコードが印字されたレシート必要

レシート合算可・合計金額

 上記以外の方は、お店からQRコードが印字されたレシートをもらう必要があります。

 失くさずに持っていてくださいね。

 各店舗の店員さんが「駐車場の利用の有無」を尋ねてきてくれると思いますので、必ずもらってください。

事前精算機で精算

 各駐車場の入口に事前精算機があります。

 係の人がいらっしゃいますので、安心して操作できました。

 もしいらっしゃらない時はインターホンで聞くことができます。

 

車両ナンバー検索

 それでは「駐車割引レシート」準備して、事前精算機を使ってみましょう。

 入庫ゲートで撮影された自分の車を検索します。

 自車の4桁のナンバーが必要です。

 

 同じナンバーの車がいた場合には、複数の入庫時の写真が提示されます。

 そのなかから、自分の車を選択して、清算します。

駐車料金の割引

下記をお持ちの方は、それぞれを機器に読み取らせて、割引をうけます。

 下記をお持ちの方は、QRコードを読み取らせます。

レシート合算可・合計金額

 それぞれを機器に読み取らせて、清算します。

駐車料金精算

 無料時間を超過した分が、実費として請求されます。

この超過金額は、現金払いしかできませんでしたので、現金の準備も忘れずにお願いします。

まとめ

 係の方もいらっしゃいますし、簡単に清算することができました。

 三井ショッピングパークカードやポイントカードがあれば、チケットレスで精算できて便利でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-おでかけ